インフルエンザの予防と対策|グッズ活用でグッと感染率減少

男性女性

全身症状が特徴

ウィルス

ちょっと喉が痛いなと思ったら急激に高熱や全身の震え、関節の痛みが出るのがインフルエンザの特徴です。しかし中には高熱が出ないケースもあるので、感染を広げないように注意しなければいけません。

もっと読む

感染を防ぐための工夫

女の人

冬になってくるとインフルエンザが流行してきますので、自分でできることは自分で対策してインフルエンザにかからないようにしましょう。もしインフルエンザにかかってしまったとしても、症状に気付いていれば医師に早めにかかることが可能になります。なぜ早めの病院受診が推奨されているのかというと、インフルエンザは感染するものなので、そのまま日常生活を続けてしまうと身近な人にも感染する可能性がありますし、それだけでなく移動するごとに近くにいる人に感染させてしまうためです。そうなるとパンデミックに近い現象が起こってしまい、免疫の力が弱まっている人がインフルエンザになると最悪の場合死亡してしまうこともあります。かかってしまったら自分が保菌者であるという自覚をもって行動するようにしましょう。

インフルエンザにかからないようにするためには自分で気をつけるだけではなかなか追いつかないことも多いです。かかってしまったら薬の力を借りて早く熱を下げることが大切ですし、予防のためにはうがい薬の力を借りるといいでしょう。手を洗うことはなによりも予防に繋がるといわれていますので、石鹸を使って適切に手を洗いましょう。手の洗い方も数秒で終わるのはあまり効果がないともいわれているため、正しいやり方も覚えていた方がいいかもしれません。子供はあまり刺激が強いものは好きではないので、子供が喜んでうがいや手洗いをできるようなグッズも取り入れた方がいいです。

広げない

看病

風邪やインフルエンザかなと思ったらマスクを使って周囲の人が飛沫感染をしないようにしましょう。こまめに手を洗うことで、ウイルスの感染をさらに防ぐことも可能となっています。

もっと読む

普段から気をつける

マスク

うがい薬や消毒ジェルを使って普段からインフルエンザの感染を予防する対策をしましょう。うがい薬は子供用のものも作られているので、子供も毎日帰宅したときにうがいの習慣が身につきます。

もっと読む